新京成線:上本郷(かみほんごう・千葉県松戸市)

スポンサード リンク

新京成上本郷駅1

上本郷駅は、新京成線松戸駅より1つ目の駅です。松戸市上本郷にあります。駅から5分ほど歩くと、松戸市内では一番古い神社の“風早(かざはや)神社”があります。有名な平将門の一族の子孫である千葉常胤(つねたね)の孫・風早四郎胤康(たねやす)の居館址です。

本郷とはそれぞれの郷の中心地という意味で、近隣では栗原郷(船橋市内)に本郷という地名があり、江戸初期の検地で上本郷、下本郷と区別されました。これが、上本郷の地名の由来です。この風早神社と近くの明治神社では、毎年10月8,9日に五穀豊穣を祈り、松戸市指定文化財の「獅子舞」が奉納されます。

そのほか上本郷には、“上本郷七不思議”という古くから伝わる昔話があります。
1.二つ井戸
2.富士見の松
3.ゆるぎの松
4.斬られ地蔵
5.八百比丘尼
6.官女の化け物
7.大杉の陰影
の7つです。

現在は石碑として残っているものもありますが、松や杉などの木にまつわるものは枯れてしまい伝説だけが、残っているものも多いです。二つ井戸は、JR北松戸駅から明治神社に向かう途中に石碑があります。覚蔵院にあった、斬られ地蔵は現在、本福寺にあります。

新京成線をもっと知りたい方は、駅ビル内にある新京成鉄道模型館に足を運んでみてはいかがでしょうか。新京成電車800形と8000形の実際に運転台で使用していたものを使用した、実物運転台に座って、パノラマ模型の新京成線を運転できます。現在活躍している新京成線の模型や、新京成線の歴史を学べ、ますます新京成線に愛着がわきます。

新京成上本郷駅風早神社

風早神社には、昭和44(1969)年に松戸市無形文化財の指定を受けた、獅子舞があります。

新京成上本郷二つ井戸石碑

二つ井戸の石碑は、JR北松戸駅から明治神社に向かう途中にあります。

新京成上本郷本福寺斬られ地蔵

現在、本福寺にある斬られ地蔵。

新京成上本郷駅新京成鉄道模型館2

新京成鉄道模型館には、新京成線の昔と現行車両の模型展示があり、歴史が感じられます。

新京成上本郷駅3

新京成線の実物運転台に座って運転手気分で、模型を運転できます。

新京成上本郷駅新京成鉄道模型館4

新京成線の第一号車の模型。

新京成上本郷駅新京成鉄道模型館5

「新京成線第一号車」の由来についての説明書。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 ぶらり千葉 新京成線 All Rights Reserved.