新京成線:くぬぎ山(くぬぎやま・千葉県鎌ヶ谷市)

スポンサード リンク

新京成くぬぎ山駅1

くぬぎ山駅は、新京成線松戸駅より、8つ目の駅です。鎌ヶ谷市くぬぎ山にあります。

駅そばに、新京成電鉄株式会社の本社、線路沿いには車両基地があり、朝のラッシュ時等にはくぬぎ山発着の電車があります。松戸、京成津田沼からの遅い時間の電車は、くぬぎ山が終点となります。

車両基地では、年に一度、鉄道の日(10月14日)の前後週末に、車両基地のイベントで、電車基地見学会・展示会が行われています。 電車車庫の公開がメインで、工場の作業や、電車の動きの解説があります。ヘルメットを被り台車の下を歩いて見学したり、車両を移動させるモーターカーを体験乗車もできます。お子さん連れも多いですが、鉄道ファンのお父さんも多いようです。

駅から徒歩20分ほど離れた場所には、市川大町総合レクリエーションゾーンがあります。動植物園、アスレチック、植物の観察ゾーンなど自然を楽しめる、緑豊かなスポットで、訪れる人にやすらぎをあたえてくれます。動植物園には、人気のレッサーパンダもいっぱいいます。園内にある、なかよし広場では、モルモットやうさぎに開園時間のいつでも触れ合えます。

新京成くぬぎ山駅2

「くぬぎ山」行きの電車は、朝夕のラッシュ時に見かけます。この日のくぬぎ山行きは、子供に人気のイオンの広告の列車でした。

新京成くぬぎ山駅2

新京成電鉄株式会社の本社は、駅のそばにあります。

新京成くぬぎ山駅くぬぎやま車両基地

新京成線くぬぎやま車両基地でのイベントの様子。車両基地では、年に一度、鉄道の日(10月14日)の前後週末に、電車基地見学会・展示会が行われています。平成6年から始まり、平成19年で13回目を迎えました。毎年、新京成ファンに好評のイベントとなっています。
新京成線車両の運転台にて、運転手の帽子を被って記念撮影、鉄道Nゲージの大パノラマを、運転出来ます。

新京成くぬぎ山駅くぬぎやま車両基地

バス車両の展示もされており、運転席にて記念撮影も出来ます。

新京成くぬぎ山駅くぬぎやま車両基地

他にもミニ新京成電車に乗れたり、モーターカーの体験乗車、貨車と台車の展示があり台車下の見学も出来ます。小学生にも人気のイベントです。

新京成くぬぎ山駅3

人気のレッサーパンダもいる、市川大町総合レクリエーションゾーン(市川市動植物公園)

サイトMENU

Copyright (C) 2007 ぶらり千葉 新京成線 All Rights Reserved.