新京成線:薬園台(やくえんだい・千葉県船橋市)

スポンサード リンク

新京成薬園台駅1

薬園台駅は、新京成線京成津田沼から三つ目の駅です。


船橋市薬円台にあります。
薬園台と言う地名の由来は、江戸時代に薬草園があったことから「薬園台」とついたそうです。その薬草園を設立した幕府御医師並の丹羽正伯の名前をとり「正伯公園」という児童公園が駅近くにあります。


薬園台駅周辺には、神社も多く、二ノ宮には御嶽神社、薬円台には神明神社、滝台には八幡神社、飯山満には大宮神社、三山には二宮神社があり昔から付近の住民を守ってくれています。


二宮神社は信仰圏も広く、船橋市・千葉市・八千代市・習志野市より9つの神社が参加する大規模な祭礼“七年祭”が6年ごとの丑年および未年の11月(数え年で7年ごと)に行われ、各神社を出発した御輿が、二宮神社に集まります。この七年祭は、千葉県指定文化財の無形民俗文化財として指定されています。

新京成薬園台駅

薬園台駅。

新京成薬園台駅2

七年祭が執り行われる、船橋市三山にある二宮神社。二宮神社行きのバスがあります。

新京成薬園台駅4

薬円台にある神明神社は、住宅地の中にひっそりと。

新京成薬園台駅3

薬園台の由来となっている、薬草園を設立者の名からついた「正伯公園」は薬円台公民館のそば。

新京成薬園台駅薬円台公園

薬円台公園は、習志野駅と薬園台駅どちらの駅からも徒歩10分くらい。

新京成薬園台駅薬円台公園徒渉池

薬円台公園のそばにある、薬円台公園徒渉池(やくえんだいこうえんとしょういけ)。水遊びの好きな子供たちがたくさんいました。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 ぶらり千葉 新京成線 All Rights Reserved.